« APEC | トップページ | 晩秋を詠む »

2010年10月27日 (水)

つとむさんのお赤飯

直美先生のお父様、佐藤務先生はよく赤飯を作ってくださいます。(通称:つとむさん)

昨日もいただいたのですが、つとむさんの作る赤飯は栗が入っている豪華版です。

とってもおいしいです。

その栗というのが、栃木のお地蔵さんのそばに立っている栗の木の実ということで、

とてもありがたみのある栗なのです。

それをつとむさんが採ってきて赤飯を作ってくださいます。

季節を感じながら、つとむさんのまごころもいただいてます。

 

つとむさんはいつもこのブログを見てらっしゃるとのことなので、この場を借りて

いつもありがとうございます!

また楽しみにしています♪(o ̄∇ ̄)/

« APEC | トップページ | 晩秋を詠む »

コメント

ありがたき栗を用いた赤飯は作りし人の真心の味

・・・お粗末ながら。

榎本さん、いつも素敵な句をありがとうございます!今月の「特選」diamond差し上げますannoy
つとむさんの作るお赤飯は、4年前に亡くなった母から作り方を教わりました。今やすっかり父の味tm。ちなみに娘の私は作れませんcatface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111968/49862235

この記事へのトラックバック一覧です: つとむさんのお赤飯:

« APEC | トップページ | 晩秋を詠む »