« これからの日本 | トップページ | »

2011年3月25日 (金)

希望を求めて!

直美です。昨日のブログにコメントを下さった皆様、ありがとうございます。読んでいて気付きました。皆が自分自身の問題や、これからの日本に不安を抱えている事を。

不安だからこそ、希望を抱きたいんですよね!!!多分、今の政治に足りないのは希望です。楽観的な意見ではなく、危機に直面している現状を率直に言葉にし、それでも皆で立ち上がろう!とスポーツ選手や様々な有名人が口にしているような当たり前の言葉を国家の言葉として言って欲しいと思いませんか?

被災地の支援物資も命をつなぐ為の物資から、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質の向上)の為の物資へと日々変化している訳です。被災地の方が、家に帰る、お風呂に入る、食事をする、着替えをする、テレビを見る、仕事に疲れる、趣味を楽しむ・・・・等々の日常に一刻も早く戻る為に、被害が少なかった地域の人々が意欲を減退させるのではなく、元気のない人達の分まで明るく元気に楽しく生活していこう!と努力してもするべきなのではないでしょうか?

奥山、北岸、岩岬、3人のスタッフ全員が皆さんに元気を分けて差し上げられるよう、コンペやパーティーの延期や日程の変更にも負けず、ひたむきに練習やレッスンや仕事をしています。藤本は更に財団や東部総局、自らの技術団体の役員としてまさに東奔西走しながらレッスンも元気良くしています。そして、節電や不規則なダイヤにもめげず、元気にレッスンに来てくださる皆さまからも逆に元気を頂いて、更に私達もパワーアップしていく・・・・

政治家の皆さんが、自分や自党を大切にする以上に日本を愛する心をもってもっともっと頑張ってくれることを期待しましょう!!!!!!

« これからの日本 | トップページ | »

naomi」カテゴリの記事

コメント

不安や憂いはなかなか消えませんが、私は教室があるから、まだ救われているのかも(*'A`)
今は報道規制がかかっていて報道されないけど、台湾やブータン、各国が日本の為に義援金をしてくれています。
北朝鮮もしてくれています。
復興に向けての報道もしてくれたら、被災者の方も少し前向きになってくれるかもしれない…。
直美先生の強い気持ちは、ブログを読んでいるとすごくダイレクトに伝わってきますよ(>_<。)

新潟県は『中越地震時の恩返しで、県外避難の依頼はどんな人数になっても責任持って受け入れたい。』と言っているそうですね。海外の決して裕福と言えない国でも、募金してくれたり祈ってくれたり・・・
痛みを知っているとこんなにも強く優しくなれるのだな・・・日本は今辛いけど、もっと強く優しくなれると思う。そして私個人もそう成長しなければならないと強く感じました。

震災に人の痛みを知る者よ 苦難に向かい希望を語れ

映画「英国王のスピーチ」鑑賞後に感じた事。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111968/51209564

この記事へのトラックバック一覧です: 希望を求めて!:

« これからの日本 | トップページ | »