« お別れ会 | トップページ | »

2011年12月16日 (金)

降級規定について

岩岬ですwave

さて

JBDF(日本ボールルームダンス連盟、私達が所属している団体です)では、東部総局所属の選手に関して

震災の影響で試合に出ることができなくなった人が多いため、アマチュア・プロどちらも、今年は「降級」を免除するそうです

ダンスの級には昇級もあれば、降級もあります。

たとえば「アマチュアC級選手はC級戦(年に4回あります)の1次予選を1回は通過しなければ、D級に落ちます」などの規定が設けられています。

ですので、力不足で1次予選を突破できなかった場合はもちろんですが、

「震災の影響で1度も試合に出れなかった」場合も、降級対象になってしまうのです。

そのような事情から今年は特別処置として降級対象になってしまった選手全員、降級を免除されるそうです。

選手の皆様はご確認くださいconfident

踊らナイト!まであと一週間sign03

いまもスタジオではマイケルが流れています(≧m≦)

« お別れ会 | トップページ | »

mika」カテゴリの記事

コメント

こうしてみると、救済の措置はあるのだな・・されど、それに甘えすぎないで。
今回の震災を乗り越えて、さらに切磋琢磨したプロの試合が見られる事を期待します。

榎本さん
ありがとうございます。期待していただけるのはとてもありがたいことです。榎本さんのような方々に支えられてプロは成り立っていますので、期待に応えられるよう頑張ります!

降級する組は毎年どのくらいいるんですか?
Jリーグみたいに毎年一定数は入れ替わるとか…?

蔭山さん
数の決まりはありません。ご参考までに、2010年は、JBDF東部総局のプロで、スタンダードの級がDからCに上がったのが12、CからDに下がったのが11でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111968/53499391

この記事へのトラックバック一覧です: 降級規定について:

« お別れ会 | トップページ | »