« | トップページ | »

2012年11月12日 (月)

上達のらせん階段

朝の雨も上がって、今日は暖かな日になりました。スタジオはレッスンする生徒さん達でにぎやかです。皆さん目標に向かって頑張っていらっしゃいます。

ダンスのレッスンをしていると、ずっと前に教わった同じポイントをまた指摘されることがありますよね。私自身もそんな事がたびたびあって、自分は上達しないであっちへ行ったりこっちへ来たり、堂々巡りをしているだけでは、と不安になってしまいます。

前にブログに書きましたが、ダンスの上達は階段のようなもの。一段上がるのも大変です。しかも、その階段は一直線に登っているのではなくて、らせん階段なんです。

ぐるぐる回って、何度も同じところに戻ってしまうのですが、その度ごとに、前より少し高いところに到達しています。でも勾配がゆるやかなので自分ではあまりわかりません。しかし、周りから見ると着実に登っているのがわかるものです。

おまけに、この階段は、上の方が広がっている、とてつもなく大きならせん階段です。だから上に行けばいくほど課題も増えていきます。

だから前と同じ課題に直面しても、あせらず、自分はやっとひとまわりして、そこに戻って来れたんだと喜びましょう。その課題をクリアしてまた次の課題へとチャレンジしていきましょう。

長くて大きな階段ですが、あちこちに美しいお花が咲いていて、楽しい道のりでもあります。階段の円周が大きくなればなるほど、その輪の中の素晴らしい世界が自分のものになるんです。

そして、そこにはひとりだけではありません。他にもたくさん同じ道を進む人たちがいます。一緒に頑張り、励まし合う仲間がいます。だからみんなで力を合わせて登っていきましょうね。

さあ、今日からまた新たな一歩を踏み出しましょう!!

なんちゃって、ちょっとエラそうなまりもでした。

5

« | トップページ | »

コメント

私にもいつか美しいお花と出逢える日がきますように。
らせん階段のずっとずっと上のほう、ふと見上げると、
わずかに青空が見えた気がしました。

アヒルの子さん
美しいコメントありがとうございました。澄みきった青空の下、満開の花園、きっともうすぐですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111968/56099827

この記事へのトラックバック一覧です: 上達のらせん階段:

« | トップページ | »