« 沖縄 | トップページ | 篠田忠ダンスカレッジパーティー »

2018年11月24日 (土)

1948年②

岩岬ですwave

先日ブログでご紹介した(こちら) 1948年刊行の社交ダンス教本「社交ダンス研究」の内容を引き続き少しだけご紹介しますhappy01
社交ダンスにも獨特の禮儀(エティケット)が存する。
この主なものを挙げてみよう。
1、未知の婦人に紹介なしに踊りを申込んではならない。
未知の婦人には同伴せる男子又は婦人の紹介がなくては踊りを申し込んではならないし、又申し込まれても断るべきである。これは社交ダンスを紳士的に行うために男子の守るべき禮儀の一つである。(中略)
2、同伴者以外の特定の相手とあまり続けて踊つてはならない。(中略)いくら踊りよいからと云つて、又話がしよいからと云つて、同一のパートナーを続けて専有することは(中略)遠慮すべきことである。
3、同伴のパートナーとは最初と最後には必ず踊ること
4、踊りの申し込みを断つたときはその曲中には他の踊り手と踊つてはならない
さすがに、今のダンスパーティーでは紹介をされていないからといって誘いを断ったりしては楽しめませんし、マナーはよりカジュアルになっています。しかし本来はこうした社交の場で紳士と淑女が互いに立場を尊重し合って楽しむためのものだったんだということは忘れてはいけないなと思いました。
3番と4番は現代のダンサーも気を付けたほうが気を付けた方がいいことのように思いますcoldsweats01

« 沖縄 | トップページ | 篠田忠ダンスカレッジパーティー »

mika」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111968/67414361

この記事へのトラックバック一覧です: 1948年②:

« 沖縄 | トップページ | 篠田忠ダンスカレッジパーティー »