« グランドマスター ご報告 | トップページ | »

2018年11月 8日 (木)

1948年

岩岬ですwave

スタジオの本棚にある古い本をご紹介しますflair
「社交ダンス研究」 星一郎著 良誠社
Img_5139_3
1948年に出版された、ダンス教科書です。
日本の社交ダンスのスタートは1883年に設立された鹿鳴館。初めは上流階級のものだったダンスがその後大衆に浸透していき、そして1945年終戦とともにいったんダンスの火が消え、そこから復活を目指す、、その時代のものです。
昔の本ですが、逆に今でも「そうそう!」と思うことや改めて勉強になることも多いので、少しご紹介しますhappy01
社交ダンスは人間の本能の一つである舞踏本能を満足させつつ社交の目的を達する方法であって、これによって次のような利益が得られる。
1、リズミカルな身髄の動作による本能的快感
 (一度この快味を覚えたら一生忘れられない)
2、姿態、殊に歩行姿態の美化洗練
 (ダンスのたしなみのある人と無い人は一目で見分けがつく)
3、規則的運動による健康の増進
 (殊に胃腸疾患、食欲不進者によい)
4、柔軟な運動による身髄各部の老化の防止
(中略)
7、冬期に於いては適度な温暖法となる
Img_5142
後日また引き続きご紹介しますhappy01

« グランドマスター ご報告 | トップページ | »

mika」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111968/67359778

この記事へのトラックバック一覧です: 1948年:

« グランドマスター ご報告 | トップページ | »